アセットデザインとボディデザインを形にするパーソナルトレーニング

自己投資と自己成長で自分らしい生き方を実現するための、トレーニング&ダイエット、資産運用に関する考え方

筋肉をつけてかっこいいカラダを作るためのトレーニングの実際

 高性能で健康的な体づくりをサポートする!ライフスタイルコーチのリーンボディズです

f:id:leanbody3104:20180914145151j:image

レーニングにはこれが絶対的に正しいメソッドです!とか、万人に共通するこれさえやればオールオッケー・トレーニングみたいなものは存在しないと思っています。スポーツ科学的にわかっていることを頼りに、現場での経験などを混ぜ合わせアーティスティックにプログラムを作成していくしか他ありません。

今日は、私自身が趣味レベルでやっているボディビル的手法のトレーニング=筋肥大を促しかっこいいカラダを作るために実際にやっているメニューをご紹介したいと思います。

f:id:leanbody3104:20180913183100p:plain

筋肥大を引き出す為の刺激は上記の5つが現時点でわかっているものです。これらを満たすことが、筋肥大にとっていいトレーニングです。

ですから「何をやるか?」という種目の選択よりも「強度」「量」といった「体にとってのきつさ」が大事ということが言えます。

上記の要件を一発で全て満たすものを考えると、教科書的によく記されている「10回がきつく感じる重さで3セット」みたいなことになります。強度も高いし反復量もそれなりにある為代謝物の蓄積が起こりやすくなります。

初心者の方はこれに倣って行えばおおよそ間違いはないでしょう。

一方、私のように20年以上ウェイトトレーニングを継続している人間には万能的な刺激よりも、どちらかというと極端な方法がある程度必要になってくるかな?と考えています。

そこで・・・

①「強度」に重きを置いた、上記のスライドでいえば「物理的刺激と筋損傷〜再生」を重視するメニュー

②「量」に重きを置いた、代謝物蓄積や酸素環境の変化を徹底的にやるメニュー

③「強度」と「量」のバランスをとりオーソドックスなメニュー

を週ごとに変えるというプログラムで行なってみています

 ↓↓↓↓↓

続きを読む

目の前のあなたの人生を変えるぐらいのつもりで臨む

高性能で健康的な身体づくりをサポートするライフスタイルコーチのリーンボディズです

f:id:leanbody3104:20180905142626j:image

 

先日参加したセミナーで、講師の先生(スポーツドクター)が我々運動指導者にこうおっしゃいました。

「医療人ではできない役割があなたがたみなさんにはたくさんある。運動指導で、目の前のクライアントの人生を変えてやる!くらいの意気込みで、仕事に誇りを持って臨んでください」と…

 

思い返せば、私のパーソナルトレーナーとしてのキャリアのスタートは腰痛で苦しむ40代の主婦の方とのセッションでした。医療機関で診断をうけ運動を勧められジムに来られたのですが、水中で歩いてるだけの方でした。

たまたまお話するチャンスがあり、「腰痛を良くしたいけど手段がわからないまま、ただいわれた水中ウォーキングをしている」とのことでしたので、じゃあ私に診せてもらえませんかということでスタートした記憶があります。もう19年前のことです。

私も今ほど知識や技量はなかったと思いますが、この仕事が天職と思い情熱を持って取り組んでいましたので、その思いが技術以上の成果を出してくれたのでしょう、半年もしないうちにすっかりよくなられました。

ここまでなら普通の話ですが、まさにこの人の人生を変えるようなことが次々と起こります。

 

体力向上でよりアクティブな人生に

 腰痛改善後もトレーニングを継続され、体力がかなり向上されました。お子様が成人され自分の時間が増えてからは自分の趣味特技を生かし、テーブルメイクで雑誌に載られたり、料理教室を開催されたり、さらには色々な料理家やパティシエの方とコラボしたイベントや地域活性のための食育と料理の講座までされるようななられました。出会ったころの腰痛で苦しんでいた方とはまるで別人。

還暦をすぎてからサーフィンを始めたり、全国、世界を飛び回ったり、とにかくアクティブになられました。40代のころより見た目年齢は確実に若くなられてます

 

私のパーソナルトレーニングが目の前の人の人生をまさに変えてしまった例の一つです。

 

この時の気持ちを忘れずに、目の前のあなたの人生を変えるために今日もパーソナルコーチングに勤しみます

ありがとうございます。

 

パーソナルトレーニングのお申込み、お問い合わせは下記のフォームをご利用ください

↓↓↓

https://goo.gl/forms/JbYCnSULaxMQgM913

 

 

筋肉づくりと資産形成の大いなる共通点

高性能で健康的な身体づくりをサポートするライフスタイルコーチのリーンボディズです

f:id:leanbody3104:20180901214859j:image

資産形成をサポート、指南してくれる会員制コミュニティであるマネースクールのダイジェスト版セミナーに参加しました。

スクール代表者でトップフィナンシャルタントの方と、当スクールのアドバイザーであり売れっ子ビジネス作家の俣野成敏さんという豪華な講師による講演です。「トップ1%だけが知っているお金の真実」は最高傑作のベストセラーです

f:id:leanbody3104:20180901213741j:image

 

お二人には2年ほどお世話になっておりますが、今日は会員外の方も参加できるセミナーとあって多くの方が参加されていました。

運用の必要性や、資産を形成していく上で必要な守りの固めかたを聞くことができました。

また、資産運用というと、すぐに何が儲かる?って話になりがちですが、このコミュニティではとにかく現状把握がカギ!そこから目標設定をして手段を考えるという真っ当なもので、これは身体づくりにもそっくりそのまま当てはまる考えかたです。

 

後半は一人の参加者(さくらではない)が公開マネープランニングを受けられました。

現状を聞き出し、今の悩みや将来の理想を聞いた上で実際に数字を当てはめシュミレーション。

なんと!保険商品レベルの手堅い運用でも50歳くらいまでに8000万以上は作れていました。65歳いわゆる現在の定年くらいまで運用し続けたら2億は作れ、さらにその運用益で、生活していけば老後も安心というわけです。

これは特別な投資、難しいハイリスクな投資ではなく誰でもできるコツコツ型で達成できることに驚きました。まさに王道というヤツです。

 

考えてみれば、筋肉づくり、いい体をつくるトレーニングも、特別な何かがあるわけではなく現状をしっかり把握し目的と手段を一致させ、コツコツと当たり前のことをやり続けることが近道です。

資産形成も身体づくりも、然るべき人からアドバイスを受けてコツコツ王道を進むことが大事ですね。

※会員制コミュニティにご興味ある方にはご紹介も可能です

 

LEANBODY(S)TYLEパーソナルトレーニングのご依頼やお問い合わせはこちらのフォームをご利用ください。

↓↓↓

https://goo.gl/forms/JbYCnSULaxMQgM913

 

 

 

フィット・ネス…自分軸で取り組むからこそ意味がある

高性能で健康的な身体づくりをサポートするライフスタイルコーチのリーンボディズです

f:id:leanbody3104:20180824205527j:image

 

フィットネスブーム

健康のために運動することや、食事に気を使うことは長期的にみていいことだと言われています。

怖いのは…フィットネス=○○となってしまうこと。

各々にフィットすればよいので、誰々さんがやっているあれがフィットネスだ、と考えた時点でそれはフィットしていないように思います。


近年で言えば、ボディビルとかフィジークに代表されるようなボディ系競技やコンテストショー。

私もボディビルコンペティターの端くれとしては、筋肉が陽の目を見るのはとても嬉しいです

ただし、競技者でない一般人がそっくりそのままマネした取り組みでそれを果たしてフィットネスと言えるのか?と思うところが、ライフスタイルコーチとしてはあったりもします。

 


ボディメイク

ボディメイク=筋肥大と除脂肪は一つの形ですが、筋トレや食事制限をせずとも適切、適量なエクササイズでボディメイクすることは可能であり、その人の体力ベース、置かれている環境、趣味嗜好、性格に合わせていかようにも十人十色な身体づくり、ボディメイクは可能だなと思います。

こうでなければならない…ねばならない、こうあるべきだ、という発想はフィットネスから遠ざかる恐れがありますので、様々にフィットネスすればよいと思います。

自分にとってのちょうどいい、適当、適量を見つけていくことがフィットネスです。

 


そんなことで、私は皆さまのフィット・ネスをサポートできるように柔軟な発想で色々なご提案をさせていただいております。

 

 

 

各々のフィットネスライフを楽しみましょう

 

【大阪〜神戸でボディメイク】酒は呑んでも飲まれるな!

高性能で健康的な身体づくりをサポートするライフスタイルコーチのリーンボディズです

f:id:leanbody3104:20180821192838j:image

お酒を飲んだら太る、身体づくりにはマイナスだ〜というイメージもあれば、酒は百薬の長と言われたり、スポーツの後の生ビールは最高だなぁ、とプラスに捉えられたり「お酒」にまつわる話は賛否両論ありますね。

お酒を飲んだ後はたしかに判断能力などは欠如しますから、飲酒後に何か重大なことをするのは問題外ですが、長期的にはどおなんでしょうか?

個人的にはどちらかというとお酒は好き、なんなら休みの日にすることで多いのが酒を飲むことかもしれません笑

今だからいいますが、ボディビルコンテストに出ている時でさえ、減量期もお酒は飲んでいました。ステージに立てるくらいの身体は作れていたのでお酒を飲むから、というその一点だけが要因で太ることはなさそうです

筋肉づくりを考えた場合、アルコール分解に労力が使われることを考えると決してプラスになるとは思えませんし、飲酒をしない生活を1カ月も続けたら頭が冴えてくるということもあるので、やはり飲まないほうが良いでしょうか笑

f:id:leanbody3104:20180821193530j:image

一方、お酒好きな人と飲みに行けば話は弾みますし、飲みすぎなければ気分よく1日が終われるし、精神面や他者とのコミュニケーションにはプラスの効果があるわけですから無理やりに断つ必要もないかと思います。

お酒は呑んでも飲まれるな!ってことで、プラスに生かすようにしていきましょう

 

・好きでもないのに飲む必要はない

・好きなのに我慢する必要はない

・自分にとっての適量を見極めながら飲む

・身体づくり、健康づくり第一

 

お酒好きなんだけど、ダイエットしたり、ボディメイクするならやめないとダメですか🙅‍♀️って人は、飲みなら身体づくりできる方法を考えることは可能ですよ

 

【大阪〜神戸でボディメイク】 8キロ減量してもバストサイズがむしろ上がってしまうボディメイク法?!

高性能で健康的な身体づくりをサポートするライフスタイルコーチのリーンボディズです

f:id:leanbody3104:20180814151347j:image

ボディメイク!!流行っていますね〜私も競技ボディビルディンをやっていた時期もありますし、今も私のクライアントさんにボディ系コンテストに挑戦される方もいらっしゃいます。ボディビルのノウハウを用いてかっこいいカラダを作るというの一つのアプローチ方法として有効です。

 

苦痛を伴うものは本来長続きしない…

食事制限や高強度の筋トレはきつい、苦痛を伴うというデメリットがあります。人間は本来、心地良いものは自発的にやりたくなるが、痛みなど苦痛を伴うものは自然とさける傾向にあります。きつい筋トレを好んで出来る人はトレーニングの苦痛を上回る何か!があるからできるのだと思います。コンテスト目指すもそうですし、単に身体が変わっていく喜びもそうでしょう。ランナーズハイも疲労や苦痛を覆い隠す役割があります。

 

快の刺激。心地良さを求めたトレーニング

多くの人は苦痛を伴わない方法で、結果が出せるならそれがよいと考えるでしょう。シェイプアップて美しいボディラインを手に入れたいのであれば、筋トレや食事制限はなくても構わないかもしれません。

わたしのお客様で半年で8kg以上減量でき目標体重をクリアした方がいらっしゃいますが、食事制限もバーベルやマシンを使った筋トレはこの期間一切していません。何をしたかといえば、体操。関節に無理のないナチュラルな動作をさせ筋肉が弾力性を取り戻すような運動ということです。細胞に酸素が行き渡り、筋肉の性能が蘇る運動です。多少の慣れは必要ですが、筋トレのようなしんどさや、ジョギングのように汗を大量にかくこともありません。

会社の同僚からも、「何やったらそんなに痩せれるの?」と聞かれるくらい見た目に変化が出ているようです。

でもやっているのは体操とちゃんと食べることだけなんです。

 

さらに驚きの効果が!!!

減量すると、女性の場合は「胸のサイズも落ちてしまう」ということがマイナス点に挙げられます。が、上記のお客様にアプローチした方法では、

ヶ月でトータル8kgマイナスにもかかわらず、バストサイズは落ちるどころかむしろ上がっていたそうです(お店で計測しご本人さまもびっくりだったそうです)。ウェストサイズはしっかり落ちているにもかかわらずバストサイズが落ちないというのは女性のボディメイクでは必須かと思います。これは筋肉つけて脂肪を落としましょうという形で「ハードな筋トレと食事制限」 では得難いものかもしれません。

嘘のような話ですが本当の話なんです…

 

目的と手段、方法

筋トレが優れている優れていないという話ではなく、目的と手段の問題だと考えています。

筋肉をつけて見栄えをよくしたいなら筋トレは一番合理的です。しかし、筋肉をいまよりつけるではなく、いまある筋肉を活性化させる、ちゃんと使うことが目的なら別の手段もありうるということです。

ボディメイクには筋トレ「しか」ないんだ〜と視野が狭くなっているようなら、一旦引いて考えてみてください。

 

パーソナルコーチの役割はこのような手段選択の部分からやっていきます。単に筋トレ指導だけをしているわけではありません。

【大阪〜神戸でボディメイク】青春と聞いてみなさんは何を思い出しますか?

高性能で健康的な身体づくりをサポートするライフスタイルコーチのリーンボディズです

f:id:leanbody3104:20180807102449j:image

青春という言葉を聞くと何となく高校時代を思い浮かべてしまいます。甲子園なんかを見たら青春してるな~と。。。

先日、全国高校総体へ行ってきました。私のクライアントである三段跳びでの選手が出場したのでウォームアップをサポートしつつ観戦してきたんです。

 

高校生、みんな真っ黒に日焼けしてますねー。青春ですねー。

 

 

もしあなたが昔、彼らのようにスポーツをされていたらもっと動けてもっと引き締まっていたかもしれない。今でも変わらず引き締まってます!という人は素晴らしいですね。

加齢とともに色々な能力が低下していく、歳だから仕方ないとかっていうフレーズを聞いたことがあるかもしれませんが、例えば筋肉が衰えるのは歳を取るからではなく1番は筋肉を使わないからなんですね。

健康的な体、機能的に動ける体、筋肉をつけて見た目にもいい体などちょっとしたエクササイズの習慣で十分に取り戻せるものが多くあります。

ちなみには私は高校や大学の時より筋肉量は多いです。体脂肪率も低いのではないかと思います。

 きついことはしたくない!楽してなんとかならないかな?という人には軽い負荷または自分の腕や脚を使って「鼻呼吸」と「関節運動」を組み合わせた体操のようなことをすれば、循環改善、筋肉の成長、代謝アップが期待できます。

 一方、昔は体育会系クラブに所属してたし、少しきついことにもトライできる!という人はバーベルなどを使ったウェイトトレーニングを、正しいフォームと適切な負荷設定で継続していけばかなりいい体を作ることが可能です。自分の体力レベルや目指したい体のイメージ、環境に応じた最適解を導くのがパーソナルコーチの役割です。ぜひ活用してみてください