食べて、鍛えて、整えて・・・人生を豊かにするパーソナルトレーニング

自己投資と自己成長で自分らしい生き方を実現するための、トレーニング&ダイエット、資産運用に関する考え方

【実践!肉体改造】Vol.3 運動の習慣化をはかる

高性能で健康的な体づくりを支援するライフスタイルコーチのリーンボディズです

 

身体を変えるということは、単純に体重が落ちましたということではなく、見た目にも体力的にも、そしてメンタル的にも向上するということになります。「減量」が必要な方の場合は、食事の重要性も否定はできませんが、基本は前回の記事(Vol.2)の通り「運動」と「ダイエット」の組み合わせです。
 今回は、その「運動」への取り組みを一過性のものではなく、習慣化させることについて述べてみたいと思います。

 

フィットネスクラブの現状として・・・

入会後、3ヶ月ほどで、半数近くの方がやめていかれるという事実があります。続いている方からすれば、こんな環境の良いところでできるなんてと思われるかも知れませんがそれが現状です。
 「3ヶ月」がキーワードがなりそうです。人間、効果が出て手ごたえがあれば継続しやすいのですが、そうでなければモチベーションを維持しにくいものです。勢い、入会時にはあれもこれもとやるのですが、結局、芽が出ずになんだかつまらないからやめた、となるのです。
 人間の身体の適応は、神経系の発達、毛細血管や血中脂肪といった、目には見えない、形には表れない変化が真っ先に起こります。ウォーキングをして体重に変化が無くても、血液は良い状態に変化しているわけです。その後、継続的にトレーニングを行い、適切な負荷をかけることでさらに変化する。今度は形態的な外見上の変化も望めるというわけです。「3ヶ月」以降に期待する必要がありそうです。
 さらに、トレーニング経験の少ない方があまりにも多くのことをやりすぎるというのもよく目にする光景です。種類が多すぎる場合もそうですし、初日から張り切ってジョギング10キロなんてことも…頑張られることを否定するつもりは無いのですが、これでは継続性は期待できそうにありませんね。
 一方で2ヶ月、3ヶ月と継続して、体力が向上(ここではもともと持っている能力が目を出してきた状態)しているにもかかわらず、最初と同じ事を続けている場合です。少しずつ、負荷や量が変化しても良いころです。
まとめると

①継続が大切

②個人差を考えた適量が求められる

③漸進的に負荷を高める

といった事が「原則」として当てはまりそうです。
これからトレーニングを始めようと考えている方には大切な「原則」です。

これから運動を始める方へ…
目標を設定し、運動をはじめることを決意した方はまず「ストレッチ」から取り組んで見てください。硬くなっている筋肉を伸ばし、関節の動きを広げてやります。筋肉へ刺激を送ることで、眠っていたものが目覚め、身体も軽くなってきます。たたみ1畳程度のスペースででき、手軽なので習慣化しやすいと思います。

2番目に、ストレッチの習慣がついたら今度は外に出て「ジョギング」しましょう。持久力が高まり、血液の循環も良くなります。ジョギング=走る行為ですが、頑張って速く走る必要はありません。早歩きくらいのペースでゆっくり走ります・私はこれを「スロージョグ」と言ってお客様にも推奨しています。ペースは歩く程度のものですが、歩く動作と走る動作には決定的な違いがあり、同じ時間であれば消費カロリーも高くなりおすすめです。息が上がるほど苦しいものではなく、継続しやすい、楽チンペースで始めましょう

スロージョグが楽しくなってきたり、ストレッチがすでに習慣化している方はここで「筋力トレーニング」を加えましょう。チューブやダンベルを使えば自宅でいくらでもバリエーションは可能です。筋肉を鍛え、姿勢を良くし、代謝をアップさせ「肉体改造」が加速していくこと間違いなしです。
 

いっそのことプロに頼んでしまう!!

自宅でもできるようなものをご紹介してきましたが、「いやもう最初からプロに依頼してジムで筋トレしますわ!」という人はそれはそれでアリですね。最近ではプライベートジムも充実してきていますし、パーソナルトレーナーと呼ばれる人も増えてきましたので選択の幅は広がっていますね。私、リーンボディズも大阪〜神戸を中心にパーソナルトレーナーとして活動しています。

f:id:leanbody3104:20180602091614p:plain