食べて、鍛えて、整えて・・・人生を豊かにするパーソナルトレーニング

自己投資と自己成長で自分らしい生き方を実現するための、トレーニング&ダイエット、資産運用に関する考え方

【大阪〜神戸でボディメイク】 8キロ減量してもバストサイズがむしろ上がってしまうボディメイク法?!

高性能で健康的な身体づくりをサポートするライフスタイルコーチのリーンボディズです

f:id:leanbody3104:20180814151347j:image

ボディメイク!!流行っていますね〜私も競技ボディビルディンをやっていた時期もありますし、今も私のクライアントさんにボディ系コンテストに挑戦される方もいらっしゃいます。ボディビルのノウハウを用いてかっこいいカラダを作るというの一つのアプローチ方法として有効です。

 

苦痛を伴うものは本来長続きしない…

食事制限や高強度の筋トレはきつい、苦痛を伴うというデメリットがあります。人間は本来、心地良いものは自発的にやりたくなるが、痛みなど苦痛を伴うものは自然とさける傾向にあります。きつい筋トレを好んで出来る人はトレーニングの苦痛を上回る何か!があるからできるのだと思います。コンテスト目指すもそうですし、単に身体が変わっていく喜びもそうでしょう。ランナーズハイも疲労や苦痛を覆い隠す役割があります。

 

快の刺激。心地良さを求めたトレーニング

多くの人は苦痛を伴わない方法で、結果が出せるならそれがよいと考えるでしょう。シェイプアップて美しいボディラインを手に入れたいのであれば、筋トレや食事制限はなくても構わないかもしれません。

わたしのお客様で半年で8kg以上減量でき目標体重をクリアした方がいらっしゃいますが、食事制限もバーベルやマシンを使った筋トレはこの期間一切していません。何をしたかといえば、体操。関節に無理のないナチュラルな動作をさせ筋肉が弾力性を取り戻すような運動ということです。細胞に酸素が行き渡り、筋肉の性能が蘇る運動です。多少の慣れは必要ですが、筋トレのようなしんどさや、ジョギングのように汗を大量にかくこともありません。

会社の同僚からも、「何やったらそんなに痩せれるの?」と聞かれるくらい見た目に変化が出ているようです。

でもやっているのは体操とちゃんと食べることだけなんです。

 

さらに驚きの効果が!!!

減量すると、女性の場合は「胸のサイズも落ちてしまう」ということがマイナス点に挙げられます。が、上記のお客様にアプローチした方法では、

ヶ月でトータル8kgマイナスにもかかわらず、バストサイズは落ちるどころかむしろ上がっていたそうです(お店で計測しご本人さまもびっくりだったそうです)。ウェストサイズはしっかり落ちているにもかかわらずバストサイズが落ちないというのは女性のボディメイクでは必須かと思います。これは筋肉つけて脂肪を落としましょうという形で「ハードな筋トレと食事制限」 では得難いものかもしれません。

嘘のような話ですが本当の話なんです…

 

目的と手段、方法

筋トレが優れている優れていないという話ではなく、目的と手段の問題だと考えています。

筋肉をつけて見栄えをよくしたいなら筋トレは一番合理的です。しかし、筋肉をいまよりつけるではなく、いまある筋肉を活性化させる、ちゃんと使うことが目的なら別の手段もありうるということです。

ボディメイクには筋トレ「しか」ないんだ〜と視野が狭くなっているようなら、一旦引いて考えてみてください。

 

パーソナルコーチの役割はこのような手段選択の部分からやっていきます。単に筋トレ指導だけをしているわけではありません。