食べて、鍛えて、整えて・・・人生を豊かにするパーソナルトレーニング

自己投資と自己成長で自分らしい生き方を実現するための、トレーニング&ダイエット、資産運用に関する考え方

心身の状態に波があることを自覚して、運動、栄養、睡眠のバランスをとる

 高性能で健康的な体づくりをサポートする!ライフスタイルコーチのリーンボディズです

f:id:leanbody3104:20181030170657j:image

先週は、自分自身のコンディションがイマイチでしたので仕事をややセーブし、トレーニグも休憩し、回復に務めました。今週は、月曜日の朝から目覚めがよく、朝一の専門学校の授業、ランチタイムは45分のワークアウト、午後からのパーソナルトレーニングセッション、打ち合わせ、夜のパーソナルトレーニングセッションと非常に精力的にこなすことができました。

 

オーバーワークを避けバランスをとる

 人の体は常に一定にあろうとホメオスタシス(恒常性)が働くものですが、そのために自律神経が一生懸命仕事をしてくれています。外部環境に適応するために酷使しているわけです。やることが増える、体や心にかかるストレスが増える、睡眠時間が短いなどが積み重なるとコンディションは悪化していきます。

 健康を保つためには、「運動」「栄養」「睡眠」が大事であると言われていますが、「運動」もハードワークを毎日同じ調子で繰り返していると疲労につながります。「仕事」は大事ですがそればかりに没頭しすぎてもバランスを欠きます。「栄養」も過多になれば肥満など病気につながる恐れがあります。全てはバランスです。

f:id:leanbody3104:20181030170812j:image

 

 

毎日同じではない心身の状態

 能力をコンスタントに発揮し続けるには、コンディションをよりよく保つこと、すなわちコンディショニングを行う必要があります。栄養面の過不足を無くし、睡眠を十分にとる、そして「運動」をされている人は、例えば毎朝5km走っている人がいるとすれば、いつも同じコンディションとは限らないので、3kmに減らす日があってもいいし、ベンチプレス100kg挙げる人も毎日100kgに挑まなくてもいいということ。その日の調子というものを見ながら「運動」の強弱、多少をコントロールすることが大事です。疲れたら休めということです

反対に、家でゴロゴロして身体を動かしていない、あまり頭も使っていないならば、「運動」することはリフレッシュのいい手段になります。

 

ライフスタイルコーチの役割

わたしはこれまで19年間パーソナルトレーナーとして老若男女、様々なレベルの人を見てきました。「運動」指導を軸としていますが、「食事」に介入したり、「睡眠」の取り方や、時間の使い方、オフィスでの過ごし方、自宅での過ごし方まで「運動」以外のライフスタイル全般に関わる包括的なアドバイスをしてまいりました。

 アスリートを一人を取り上げても、練習やトレーニングだけを考えるのではなく、学生であれば授業があるでしょうし、家族との時間もあるでしょう。練習やトレーニング以外の過ごし方がコンディションに直結します。

ビジネスアスリートの皆さんも同じ。「運動」だけ、「食事」だけ、をどうこうしてもパフォーマンスは上がりません。包括的にバランスをとっていくことが大事です。

レーニングの強弱、ボリュームのコントロール、食事の内容の修正、ストレッチなどの身体ほぐし、調整、などをアドバイスしサポートするのがライフスタイルコーチの仕事になります。

 

ハイパフォーマンスを持続的に発揮するためにコンディショニングという考え方は欠かせないものになります。疲れない体づくりと、生活の送り方、食事の仕方などを長期的に構築して行くことで、仕事も遊びもアクティブに過ごせると人生は楽しいですね。

 

パーソナルトレーニングのお申込み、お問い合わせは下記のフォームをご利用ください

↓↓↓

https://goo.gl/forms/JbYCnSULaxMQgM913