アセットデザインとボディデザインを形にするパーソナルトレーニング

自己投資と自己成長で自分らしい生き方を実現するための、トレーニング&ダイエット、資産運用に関する考え方

パーソナルトレーナーの私は筋トレについてこう考えます

高性能で健康的な身体づくりをサポートする!ライフスタイルコーチのリーンボディズです。

f:id:leanbody3104:20181116094546j:image

ウェイトトレーニング=通称「筋トレ」をジムで本格的に始めて1年になる女性のパーソナルトレーニングでした。

コンテストに参加する、表彰台に上がると言った目標ではなく、自分が理想とする身体イメージし、それを目指して取り組まれています。

競技者のように他者比較、勝ち負けを意識して取り組むのとは違うため、誰々よりもより頑張る、努力するというより、自分に適した、適当な努力をすることが賢明です。

この方は1年でかなりトレーニングレベルが上がっていますが、ジムで自分よりキャリアの長いひとや身体の凄い人を見るとついつい、その人がやってることが「正しい」と思ってしまい、自分のフォームが崩れてしまうことが時々おこります。

 

わたしのウェイトトレーニング筋トレに対する考え方は、まず自分に最適なフォーム、シークエンスを身につけてもらうこと。自分にとっての最適です。

次にリスクを減らし、リターンすなわち有効性を高めることを考えます。前出のクライアントさまくらいのレベルならば、重量をギリギリの設定にすることでリスクを高めるより、動作を重要視し、丁寧に上げ下げするとか、呼吸はどうする、とかいった点を大事に反復することです。

かといって、ノーリスクの軽い重量では有効とは言えません。有効限界安全限界を定めその幅でチャレンジしていくようにしてもらっています。

安全だけど効果が薄いものも、効果は期待できるかもしれないが危険だというのもいただけません。その間の匙加減ということになります。

パーソナルトレーナー、トレーニングコーチはこの匙加減を客観的にコントロールしながらトレーニングを進めて行ってます。

 

効果は出したい、無駄なことはしたくない、怪我をしてまでやりたくないとは、誰しもが思うこと。特にフィットネスではこの「安全、効率、効果」を大切にして運動に取り組みたいものです。

 

パーソナルトレーニングのお申込み、お問い合わせは下記のフォームをご利用ください

↓↓↓

https://goo.gl/forms/JbYCnSULaxMQgM913