食べて、鍛えて、整えて・・・人生を豊かにするパーソナルトレーニング

自己投資と自己成長で自分らしい生き方を実現するための、トレーニング&ダイエット、資産運用に関する考え方

経済と健康の両立〜お金持ちではなく資産持ちを目指す〜

高性能で健康的な身体づくりをサポートする!ライフスタイルコーチのリーンボディズです

f:id:leanbody3104:20181206184041j:image

個人の経済と国全体の経済の話は少し違った視点で見なければいけませんが、日本はどう見積もってもこの20年経済成長をしていません。そんな日本で個人がどう生きていくか?人任せ、人のせいにして生きていけるのか? そんなことをふと考えさせられる状況にあります。

お金はないよりあった方がいいとか、使う分だけあればよいとか色々言われますが、収支がプラスマイナスゼロならば基本的には問題ありません。しかし、そのプラスマイナスを維持するためには、資産を増やさないとダメなのではないかと思います。

 


資産とは何か?

土地を持ってます。金や宝石などを持っています。中古のレアな何かを持っているというのも資産に当たるでしょう。

そして一番大切な資産、財産が、自らの健康です。さらに、生産供給能力がある、すなわち、体力がある、仕事ができる、頭がいい、そんなことが備わっていれば、お金そのものをたくさん持っている必要はありません。


資産は投資、運用しなければ増えない

健康は年齢とともに維持するリスクが高くなります。体力も年々目減りしていきます。仕事の能力も新しい時代に対応したものを学び続けなければ錆びついてしまいます。そのために、自己投資として運動をしたり、新しい資格を取りにいったり、食事に気をつけたり、といったことをやる必要があります。


お金はためていれば大丈夫か?

将来のためのお金は貯金していたり、金庫に貯めておけば安心でしょうか?答えはNO!

物価は基本的に上昇しているようです。同じものがいつまでも同じ金額で買える保証がありません。置いていたお金の価値が下がっていってるとも言えます。それに対応するためにお金も運用して資産価値を目減りさせない取り組みをしていく必要があるということです。お金を価値が上がるであろうものに置き換えておく。プロに運用を任せる、手助けしてもらう。運用できる仕組みをこしらえておくことが大切なんです。

 このように、お金を稼ぎ、使うという「お金」を軸とした発想ではなく、価値とか資産という発想で考えるとお金の使い方そのものが変わります。自分にとって将来に渡り価値があるかどうか?資産となりうるかどうかで考えるようになります。

まずはこんな本を読んでみるのはいかがでしょう?

↓↓↓

f:id:leanbody3104:20181207102121j:image

20刷の増刷で、ロングセラーのこちら。ほんとにオススメです

 

 

 


運動とダイエットは将来のあなたの健康と体力に寄与し、もっとも価値ある資産となります

新しい年の初めに、今年こそは!と一念発起しようと考えておられる方は、ぜひ、今から検討、準備していくことをオススメいたします。

 


パーソナルトレーニングのお申込み、お問い合わせは下記のサイトより

↓↓↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/leanbodys

 

https://peraichi.com/landing_pages/view/leanbodystyle